posレジは業務効率を格段に上げることができます

posレジで在庫管理を

posレジを導入することで、在庫管理も端末で調べることができるようになります。そのため、在庫を確認するためにいちいちバックヤードに戻るという必要がなくなります。それだけでも充分な時間短縮となるでしょう。

posレジとは

店員

posレジと通常のレジの違い

通常のレジは店舗で商品やサービスの計算をして、それを記録する役目を担っています。posレジはそれを更に発展させ、お客様と金銭のやりとりをした時点で販売情報を記録・管理していくことができます。記録した販売情報を蓄積して分析することで、お店や企業の売上改善を図るためのシステムです。

打ち込み時間の短縮にも

posレジは通常のレジで多かった打ち間違えも、posレジでは心配ありません。また、データベースに商品を登録しておくことで、バーコードを読み取るだけで商品の情報が入力がされるようになります。データベースへの商品登録はposシステム導入時に企業に依頼することなどもできる場合があります。

レジ閉め業務が手軽に

以前までは計算が合わないことがあって時間がかかっていたレジ業務も、計算と集計が自動で行われます。よってレジ閉め業務でやることは集計されたデータと、釣り銭の金額があっているかどうかを確認するだけでよくなります。そのため、レジ閉めに割いていた時間とコストを削減することができます。

最近ではタブレット型が人気

最近では設置工事も不要でより手軽に導入できるため、市販のタブレット端末にposシステムのアプリを導入して運用するという方法が注目を集めています。個人経営のお店でも導入しやすいタブレット型posは、これからますます多くなってくるでしょう。