タブレットposの特徴|【タブレットでお手軽に】posレジを導入して業務が楽になる

タブレットposレジのアプリは好みにカスタマイズできます

低コストで導入できる

タブレットpos導入は、通常のレジと違いレジとしての機能のために周辺機器も必要となってしまいます。しかし、費用総額で考えてもターミナル型やパソコン型のposレジを導入するよりも遥かに低コストで導入することができるのが、タブレットposの利点です。また、条件を満たしていれば軽減税率対策補助金といった国からの支援を受けることができます。

タブレットposの特徴

レジスター

レジ周りの省スペース化が図れる

デザイン重視の店舗だと、内装にしっかりこだわっていても、ターミナル型やパソコン型のposレジを置いてしまうことでその部分だけ全体の雰囲気から浮いてしまうということがあります。タブレットposは周辺機器やタブレットだけで済むため、レジ周りをコンパクトにして店舗の雰囲気に沿ったレジ周りにしやすくなっています。また、周辺機器を収納しておいて、必要な時だけ出すという事も可能です。

シフトの管理や給与計算もできる

売上や在庫などを確認するだけではなく、タブレットposではスタッフの勤怠の記録や、給与の計算をすることもできます。社員やアルバイト・パートといった従業員の就業時間、日数、休日、遅刻、早退、残業時間などを一目で把握しやすくなります。

拡張性も高い

タブレットposアプリには、導入段階では必要最低限の機能しか備わっていない場合も少なくありません。ですが、アプリには「拡張性」というものがあり、店舗に合わせて必要な機能を追加していくことで、より店舗にあったposシステムにしていくことができます。大型のposレジでは職種によっては不要になってしまう機能も多いため、自身で導入していくという形を取ることで不要なものをシステム上に表示させなくて済み、よりシンプルな操作感を実現できます。

簡単に持ち運べる

持ち運びができるためネット環境が繋がるなら外出先でも在庫状況や売上を確認することができます。オーナーが店舗から離れている状態でも、店舗で在庫等のトラブルがあった際に状況をデータで把握しながら店舗に指示を出すことができます。屋外に居ながらも状況判断がしやすく、指示も出しやすくなるところがタブレットposが持ち運びできる強みといえるでしょう。